スタッフブログ

STAFF BLOG

アプリ開発日誌

2018.12.05

アプリ開発でマネタイズ(収益化)を図るための4つの方法

アプリ開発において避けては通れない課題が、いかにマネタイズするかという点です。マーケティングの一環として収益化を狙わない考え方もありますが、基本的には開発に投じた資金に見合う成果は得たいものです。

では、アプリを通じてマネタイズするにはどんな方法があるのでしょうか?ここでは代表的な4つのマネタイズ戦略について解説していきます。

1.有料アプリとしてリリースする

まず基本的なマネタイズ方法として、アプリ自体を有料化するという手段があります。いわゆる買い切り型のアプリとして、主にユーティリティなどのジャンルで採用されている方法です。

継続的な収益を狙うには不向きですが、ダウンロード数に比例した売上を手にできるメリットが特徴です。

2.アプリ内広告を設置する

とはいえ、有料アプリは無料アプリに比べ、インストールするハードルが一気に上がってしまうもの。基本的には無料アプリで提供したいところですよね。そんなシーンで使えるのがアプリ内広告です。

画面下のバナー広告や、ロード画面に表示される全画面広告など、ユーザーの操作性を損ねないよう上手に設置できれば、離脱率を高めることなくマネタイズを図ることが可能です。

3.アプリ内課金を設定する

ユーザーに負担をかけるアプリ内広告を差し込みたくない場合は、インストールや基本的な機能は無料で、特定の機能を使う場合にだけ有料化するアプリ内課金という手段もあります。

これならインストールまでのハードルが低く、操作性を損なうこともありません。ただしアプリ内で課金する仕組みを取り入れる必要があるので、開発費用が増加する傾向にあるのがデメリット。

4.サブスクリプションモデルを取り入れる

ユーザーに毎月定額の使用料を払ってもらう、サブスクリプションモデルという選択肢もあります。安定した継続的な収入が見込めることが最大のメリットです。

初月無料とすれば気軽にお試しの機会を提供できる一方で、定期購入してもらうためには断続的なアップデートや付加価値の提供が欠かせません。EvernoteやNetflixといったサブスクリプションモデルで成功を収めたサービスを参考にするとよいでしょう。

まとめ

これから開発するアプリが、ユーザーの操作性重視なのか高機能がウリなのか、あるいはそもそも収益化は必要としないのか…。リリースする目的によって、選ぶべきマネタイズ戦略は異なってきます。

「自社で配信予定のアプリにはどれが最適なのか?」などアプリ開発全般についてイチから相談したい方は、当社イーディーエーにお問い合わせください。一緒に最高のアプリをつくりましょう( ^ω^ )

BACK

お問合せ

イーディーエーに興味をお持ちいただいて
ありがとうございます!
スマホアプリに関するご相談、
お見積りや弊社へのご質問など、
お気軽にお問い合わせください。
担当者より折り返しご連絡させていただきます。

    お名前必須
    会社名
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    お問合わせ種別必須
    お問合わせ内容必須

    アンケートにご協力ください。
    弊社サイトへはどのようにしてアクセスされましたか?

    個人情報のお取扱いに関する同意事項

    1.事業者の氏名又は名称

    株式会社イーディーエー

    2.個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先

    個人情報保護管理者 木下 晴晶
    Mail:[email protected]

    3.取得した個人情報の利用目的的

    当フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答のために利用し、目的外利用はいたしません。

    4.弊社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について

    弊社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。

    5.個人情報保護のための安全管理

    弊社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
    また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。

    6.個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続

    ご本人が、弊社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。

    株式会社イーディーエー 個人情報お問合せ窓口
    〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14番23 ラウンドクロス六本木4F
    TEL:03-5422-7524 FAX:03-5422-7534
    Mail:[email protected]

    7.ご提供いただく情報の任意性

    個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。

    8.弊社Webサイトの運営について

    弊社サイトでは、ご本人が弊社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるよう「クッキー(Cookie)」という技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが弊社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が弊社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
    クッキーの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、クッキーの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。