スタッフブログ

STAFF BLOG

アプリ開発日誌

2017.01.25

Galaxy Note 7爆発の経緯を振り返ってみた

こんにちは、iOSアプリ開発担当の松川です。

去年から爆発騒ぎで問題となっていた「Galaxy Note 7」。
先日、原因の調査結果が発表されたので経緯を振り返ってみようと思います。

 

調査までの経緯

Galaxy Note 7が発売されたのは、2016年の8月。
発売以降、端末の発火・爆発が報告されて発売からわずか2週間で販売を中止に。
Samsungは交換プログラムを発表し、購入ユーザーに新品の端末と交換をするよう案内しました。

その後Samsungは原因の調査を行なった結果、原因はバッテリーであると特定して製造会社を変更。
設計の修正を行い10月から再販をしますが、バッテリー箇所を修正した端末が航空機内で発火する事故が発生。
再販からわずか10日で生産終了と発表されました。

 

外部業者に調査を依頼・結果

以上の経緯からSamsungは外部業者に調査を依頼。
「20万台のGalaxy Note 7」と「3万台のバッテリー」を使用して大規模なテストを行った結果、
端末の発火・爆発の原因はバッテリーの設計と製造工程と発表されました。

 

原因の詳細

では何故1度目のリコール問題で異なるメーカーのバッテリーを採用したのにも関わらず、再発してしまったのか。
原因は2つありました。

  1. 「無茶な設計」
    Galaxy Note 7は、薄型化に伴い狭いスペースの中に大容量のバッテリーを搭載する設計になっていた。
    その結果、搭載されたバッテリーの一部の電極が破損しやすい作りになっている事が原因でショート。
    他にもバッテリー内部の薄い分離膜が原因で発熱し、バッテリーが炎上してしまった。
  2. 「速度重視のリコール対応による品質の欠落」
    リコール時の調査結果で原因となっていたバッテリー。
    Samsungはバッテリーのメーカーを変更する事で①の原因を解消しました。
    しかし、世界規模で問題が起こっていた事から製造を急ピッチで端末を製造。
    その結果、製造を行う過程で粗雑な溶接、絶縁テープの付着不良が原因でリコール後の端末でもバッテリーが炎上してしまった。

 

まとめ

この根本原因は明らかにSamsungの安全配慮が足りていなかったように感じました。
しかし問題というのは得てして起こり得る事で、大事なのは起きてしまった後の対処です。

今回のケースであれば、1度目のリコールで原因がバッテリーと特定でき、対策に関しても問題ありませんでした。
最後の最後で製造の品質を落としてしまったがために、さらに大きな信用問題にまで発展しまったのが非常に残念です・・・。

自身もアプリを制作していく上で、品質を担保するためのフローを今一度再認識し、後悔の「タラレバ」を少しでも減らそうと思います。

BACK

お問合せ

イーディーエーに興味をお持ちいただいて
ありがとうございます!
スマホアプリに関するご相談、
お見積りや弊社へのご質問など、
お気軽にお問い合わせください。
担当者より折り返しご連絡させていただきます。

    お名前必須
    会社名
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    お問合わせ種別必須
    お問合わせ内容必須

    アンケートにご協力ください。
    弊社サイトへはどのようにしてアクセスされましたか?

    個人情報のお取扱いに関する同意事項

    1.事業者の氏名又は名称

    株式会社イーディーエー

    2.個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先

    個人情報保護管理者 木下 晴晶
    Mail:[email protected]

    3.取得した個人情報の利用目的的

    当フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答のために利用し、目的外利用はいたしません。

    4.弊社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について

    弊社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。

    5.個人情報保護のための安全管理

    弊社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
    また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。

    6.個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続

    ご本人が、弊社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。

    株式会社イーディーエー 個人情報お問合せ窓口
    〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14番23 ラウンドクロス六本木4F
    TEL:03-5422-7524 FAX:03-5422-7534
    Mail:[email protected]

    7.ご提供いただく情報の任意性

    個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。

    8.弊社Webサイトの運営について

    弊社サイトでは、ご本人が弊社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるよう「クッキー(Cookie)」という技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが弊社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が弊社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
    クッキーの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、クッキーの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。