スタッフブログ

STAFF BLOG

アプリ業界気になるニュース

2016.12.26

Webエンジニア的に2016年を振り返ってみる

FitbitのPebble買収に驚きを隠せない木下です。
サービスは継続するとのことですが、Kickstarterで出資者を募っていたプロジェクトは中止になり、公式ウェブサイトでの既存製品の販売も終了しているようです。もう少し遊んでみたかったのですが・・・残念です。

さて、早いもので2016年もあと1週間を切っています。というわけで、アプリ開発に関わるサーバー・Webエンジニア的に、今年のニュースを振り返ってみたいと思います。

Microsoftの動き

以前に取り上げたBash on Ubuntu on Windowsだけでなく、Visual Studio for Macのリリース、Linux Foundationへの参加など、多くのニュースがありました。MicrosoftがUnix/Linuxに歩み寄り始めているような気がします。
開発環境やデスクトップ環境など、WindowsにはUnix系より優れている部分も多くあるので、今後の動きに注目したいところです。

MySQL 8.0

9月にはMySQL 8.0が発表されました。
システムテーブルのInnoDB化、SETコマンドの永続化、variables_infoテーブルの登場、JSON型のサポートなどなど、ちょっとうれしい改善点が多くあります。
正式リリースされ次第、積極的に使ってみたいと思います。

Angular2

こちらも9月に、GoogleからAngular2が正式リリースされました。TypeScriptをレコメンドしていることもあり、多人数での大規模開発にはとても良いフレームワークではないでしょうか。
とはいえ、一方では「ハコが大きくなりすぎた」感もあります。
たとえば、弊社がアプリと一緒にご提供するブラウザベースの管理システムは、ほとんどの場合データベースの情報管理をするだけの小規模システムなので、Angular2はあまり向かないような気がしています(AngularJS1.xはよかったのですが・・・)。
というわけで、最近はKnockout.jsを使うことが多くなっています。こちらはまた別の機会に取り上げてみたいと思います。

HTTPS必須化の動き

AppleのWWDC 2016で、App Storeに申請するiOSアプリにはATS(App Transport Security)の導入が必須になるという発表がありました。
また、来年以降リリースされるGoogle Chromeでも、HTTPのページでパスワードやクレジットカードを入力するフォームがある場合は、アドレスバーに「Not Secure」の表示が出るようになるそうです。
良い流れではありますが、ATSは発表から施行まで半年くらいしかなかったため、サーバーエンジニアは対応に追われているようです。というのもATSは、サーバー側がTLS1.2以上をサポートしている必要があります。しかし、古いLinuxサーバーを使用していると、そもそもOSをアップデートしないと対応できない、けどOSをアップデートするとApacheも更新されるからhttpd.confも書き換えて、PHPもアップデートされたからソース書き換えて・・・という沼が待ち受けていそうです。(CentOS5.xにTLS1.2はキビシイようです。)

IoTの動き

IoT元年と言われた昨年(2015年)に比べると動きは少なかったかもしれませんが、クラウド・レンタルサーバー業者によるサービスの充実や、IoT向け通信SIMの登場など、環境は地道に整ってきている感じがあります。また、IoTの教育に最適と言われるRaspberry Piは、日本での生産が始まっているようです。
IoTは範囲が広いので、何ができるかというのがすぐには出てきませんが、少しずつわたしたちの生活に浸透していくのでは、と思います。

IPv6

IoTの普及に不可欠なIPv6ですが、こちらはあまり大きな動きがなかったように思います。
AndroidやiOSはすでにIPv6をサポートしていますし、VPSを契約するとv6アドレスが付与されるのがあたりまえになってきました。しかし一方で、家庭向け回線や携帯電話回線ではIPv6の導入がなかなか進んでいないようです。
延命措置がうまくいっている、ということかもしれませんが、サーバーエンジニア的には、早くv6だけでWebサーバーを構築できる日が来てほしいものです。

自分の2016年

個人的には、他のプログラマーが書いたソースを改修したり、初見のフレームワークをいきなり使ったりする必要がこれまでより多くなった1年でした。
他の人のソースを読んだり手を加えたりすることによって、自分自身がイチから書くソースにも、ロジックの組み方や変数名などにより気を使えるようになったかと思います。また、ドキュメントを読みくだす力がついた気もします。

2017年にむけて

来年はどんなニュースがでてくるでしょうか。個人的には、Microsoftの動きや、JavaScriptフレームワークの精錬に期待しています。
2017年も、イーディーエーをどうぞよろしくお願いいたします。

BACK

お問合せ

イーディーエーに興味をお持ちいただいて
ありがとうございます!
スマホアプリに関するご相談、
お見積りや弊社へのご質問など、
お気軽にお問い合わせください。
担当者より折り返しご連絡させていただきます。

    お名前必須
    会社名
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    お問合わせ種別必須
    お問合わせ内容必須

    アンケートにご協力ください。
    弊社サイトへはどのようにしてアクセスされましたか?

    個人情報のお取扱いに関する同意事項

    1.事業者の氏名又は名称

    株式会社イーディーエー

    2.個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先

    個人情報保護管理者 木下 晴晶
    Mail:[email protected]

    3.取得した個人情報の利用目的的

    当フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答のために利用し、目的外利用はいたしません。

    4.弊社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について

    弊社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。

    5.個人情報保護のための安全管理

    弊社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
    また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。

    6.個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続

    ご本人が、弊社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。

    株式会社イーディーエー 個人情報お問合せ窓口
    〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14番23 ラウンドクロス六本木4F
    TEL:03-5422-7524 FAX:03-5422-7534
    Mail:[email protected]

    7.ご提供いただく情報の任意性

    個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。

    8.弊社Webサイトの運営について

    弊社サイトでは、ご本人が弊社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるよう「クッキー(Cookie)」という技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが弊社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が弊社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
    クッキーの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、クッキーの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。